名古屋で利用したブライダルチェックはかなり良かった

妊娠してからでは遅い子供への影響

実際のところ、この考え方は正しかったと思います。
もしも特に異常がないのであればどこでも同じ結果になるのだと思うのですが、何か異常が発見された場合にはそのまま対処してもらうことが出来るのが専門の医療機関の魅力です。
ブライダルチェックには感染症検査が含まれているのですが、自分でも知らないうちに感染症にかかっているということもありますので本当に注意が必要です。
この感染症の中にはそのまま子供を産むと子供に感染してしまうものもあるため、知らずに子供を産むリスクはかなり大きいです。
このようなリスクを回避できるのはとても大きなメリットです。
名古屋のある医療機関での話ではありますが、子供を妊娠する前の段階で自分の状態を正しく把握し、問題があれば改善し、今後問題が再発しないように注意をすることで大体の問題には対応することが出来ると教わりました。
そのための実践活動がブライダルチェックだと感じました。
この検査を受けることに抵抗を感じるのは女性であれば当然なのかもしれませんが、自分が将来子供を産みたいと考えているのであれば結婚をする前の早い段階でちゃんと検査を受けておくのが自分のためであり、パートナーのため、そして何より生まれてくる子供のためになります。
そのような考え方を持ってもらえたら一番かなと感じます。

麻疹もそうですが、妊婦は水痘も肺炎を合併しやすく重症化しやすいですが、ワクチンで予防可能です
が、これらワクチンは生ワクチンなので、妊娠してからはダメなのです
ぜひ、ブライダルチェックを!
【妊娠中に麻疹罹患で重症化、産婦人科医会が注意喚起 -CBnews】
https://t.co/jWyCKkL7kH #cbnews

— 岸田直樹【新しい時代の 感染症診療 ”12”の戦略】MD,MPH, 道科学大客員教授/総合医感染症医 (@kiccy7777) 2019年2月25日

ブライダルチェックを婦人科専門病院で受けた理由妊娠してからでは遅い子供への影響私がお勧めするのは専門医がいる医療機関